遊び相手を探すにはいいかも?繋がる出会いに期待!

出会いよりも「おいしいフードメニューがリーズナブルに楽しめる!」
…ということに魅力を感じて、いくつかの関西を中心とした街コンに参加しました。
参加する前に告知サイトを見たときの印象では、結婚にも繋がっていくようないわゆる“婚活”層が多いのかな、と思っていたのですが
実際はそうではなく、中には一夜限りの相手を探しに来ているような男性も(私は女性です)。

なので真剣なお付き合いをしていく相手を探すのは至難の業かもしれません。
もちろん、そういう人もいない訳ではないので、可能性が全く0ということもないのですが…。

なので婚活のために街コンへ行くことはあまりおすすめしませんが、
気になっている居酒屋さんやバルなどが会場になっている場合は
そこのメニューを(特に女性は)通常料金より低価格で楽しむことができるので
グルメ目的での参加はかなりオススメできます!

それから、街コンで出会った人に魅力を感じなかったとしても、
その人の友人、そのまた友人…には運命の相手がいるかもしれません。
なので好みのタイプでないから…と冷たくあしらったりせずに、
その場で出会った人とは、できれば連絡先を交換できるように場を盛り上げると良いと思います!
街コンで出会った男性と、一緒に街コンに参加した私の友人が幹事で後日合コンを開催した…なんてこともありました。

それから一人参加の女性と仲良くなって、いまもう出会ってから一年半以上経っていますが、たまに一緒に出かけたりもします(笑)
色々な出会いのきっかけが溢れている街コン。気軽に参加して、いつも通りの暮らしでは見つからなかった出会いを見つけてみてはどうでしょうか。

私の拙い記事では街コンの魅力が分からなかった人はこの記事なんかが分かりやすいと思います!とにかく恋人が出来ないと嘆いているならまずは行動!

先輩から恋人へ

私の彼は部活の先輩です。まさか恋人になるなど思ってもみませんでしたが、人生ってどう転ぶかわかりませんね。何度か一緒にご飯を食べに行った後、ちょっと来てほしいと言われバスに乗せられました。

なんだろう、と思いつつも、察しはいい方なのでもしかしたら告白されるかも、と思っていました。当時私は先輩のことが好きでした。そのため、期待してバスの到着を待ちました。バスはどんどん上へあがっていき、頂上で下車しました。真っ暗な場所で、こっちこっちと手招きされ、ついて見たのは、一面の夜景でした。

今までこんな景色見たことあっただろうかと思う程きれいな景色でした。しばらく見とれていると、「もう分かってるでしょ?」と言われました。これまでないくらいに緊張していたと思います。手を引かれるままベンチに座り、「大好きです」と告白されたのが私たちのなれ初めです。それからというもの、先輩から恋人に昇格したはいいんですが、戸惑いがとても強かったです。

今まで「先輩」と呼んでいたものが名前呼びになり、敬語で話していたのをタメ語で話すようになったり、慣れるまでがとても大変でした。今では恋人歴のほうが長いのでもう慣れましたが、入部したころはこんな関係になるとは思っていなかったので未だに変な感じです。

初恋が崩れたとき

初恋の彼と再会したのは今はやりのSNSでした。
昔話に花を咲かせ、久しぶりにドキドキしている自分がいたんです。

そのうち自然な流れでご飯を食べに行こうという話になりました。
もちろん、返事はOK。
それなりにオシャレもして、本当に久しぶりに会えることを楽しみにしていました。

当日会った彼は昔とあまり変わらずお互い「昔のままじゃん」なんて笑いながら楽しく時間を過ごしていたんです。
徐々に緊張も解けて話しも弾んできた時、彼から思わぬ言葉が出ました。

「俺今彼女いるんだよね」
ちょっとショックを受けつつ、今日ふたりでご飯食べてて彼女さんは怒ったりしないの?と聞きました。
彼いわく彼女さんにはご飯食べに行くことを伝えていないようです。

がっくりしながらそういうのは辞めようと少し怒り気味で彼と話をしました。
すると突然「浮気ってどこからが浮気だと思う?」と彼からの質問。
私は「手つないだらじゃない?好意がなかったら異性と手繋ぐような状況なんてないと思うけど」と答えました。

その瞬間、彼が無理やり私の手を取り「はい、共犯ね」と笑いました。
あまりの腹立たしさに手を振り払い「最低な男に成長したんだね」と吐き捨てました。
帰るのを引き止める彼をよそに無理やり店を出てきました。

もちろん即SNSもアドレス帳も削除。
私の中で綺麗で可愛い思い出だった初恋がこんな形で崩れるとは思わず、一人泣きそうになりながら家路につきました。

自分の恋人と友達の恋人

自分の友達と自分とで付き合い始めた時期がとても近い人がいました。自分と友達とで似ているところが多く、誕生日や血液型、性格など歳は少し離れていましたがそれでも似ているところがたくさんありました。

そんな中で付き合い始めた時期まで似ていて相手まで似ていることに驚いたことがあります。
見た目が似ているのではなく、相手の性格まで似ていたのには2人してびっくりしていました。見た目も体格や身長は似ていましたが、互いの恋人のキャラクター性がとても面白く人に好かれるようなタイプでした。互いに年下の恋人でしたし、似すぎてて怖いねと話したこともありました。

見た目が似ているわけではないので一緒に遊んでいても別に問題はありませんでしたが、行く場所はだいたい同じようなところで、どこへ行くかの話をしてももめることなくスムーズに進んでいました。
恋人を選んだ理由も相手からアプローチされてその押しに負けたことも同じでしたし、別れた際の理由も全く同じではなかったですが似ているところがあったのでもしかしたら次付き合う人も似ているかもという話もしていました。

自分は付き合った恋人は初めてでしたが、友達と似ていたことからなのか全く嫌な気持ちになることもなかったですし、困ったことがあれば相談もしやすかったのでとても楽しく付き合えたと思っています。

街コンで話した、タイプの違う男性たち

街コンというとチャラいイメージがどうしても私の中にあって、誘われても頑なに断っていました。
しかし、それでも友人がしつこく誘ってくるので、もう誘わないという条件で仕方なく行きました。

第一印象としては、チャラい人が思ったよりもいないということでした。
普通の街コンがどうなのかは分かりませんが、少なくとも、私が行った街コンは良くも悪くも普通の人が多かったように感じます。
いかにも普通の人と話すのは苦手なんだよな、話しあわないしと思っていたら、
割り当てられたのは、いかにもクセがありそうな人たちのグループでした。

彼女作るために来たとはどうしても思えない人達でした。
彼氏作るために来た友人はいささか不服そうでしたが、そこは大人の対応をしていました。
私と彼らは話が合いそうだったのですが、友人を置いてきぼりにするのはいけないとお互い思ったのか、当たり障りのない話をしていました。
そんなことをずっとしているのは予想以上に疲れるもので、席代えの時間が来たときはホッとしました。

次一緒になった人は、今どきの男の子たちでした。
私みたいな地味な奴が来てごめんなさいと思ったのもつかの間、彼らには私みたいなタイプが新鮮だったらしく、質問攻めにされました。
友人にもっと話しかけてあげてよと思っていたのですが、それも言いだせないくらい圧倒されてしまいました。

結局友人はほっとかれっぱなしで、終わるころはキレるんじゃないかと思うくらいでした。
もっと気を使ってあげてほしかったです。

街コンでの会話

街コンで、男女皆で会話をして盛り上がる時に、すごくドン引きしてしまう会話もありました。
会話は盛り上がる方がすごく楽しいのは分かるのですが、盛り上げようとして、逆にドン引きしてしまう会話をする男性もいたりします。

私が今までに街コンに参加してドン引きした会話の一つとして、下ネタをされたときです。
街コンと言えば、男女がお話しをする場ですが、開催されるのもほとんどが夜なので、下ネタも全然ないということがなかったりもします。

今までの経験人数や、どんなエッチが好きなど、どうでもいいことを聞くのはやめてほしいと思いました。
そんなのを聞いて何なんだろうと思ってしまいました。

でも、軽い下ネタだったら逆に交換が持てるといった女性もいるようです。
サラッと下ネタを行って笑いで終わらせるような会話はいいかもしれませんね。

他には聞いてのいないのに自分の自慢話を語りだす人もいます。
自分の武勇伝や、仕事の自慢話をしてくる男性もいますが、正直そういう人って自分に自信がない人なんだろうなと思います。

過去の恋愛を語る人も好きではありません。
逆に過去の恋愛について聞かれても話したくはありません。
新しく恋愛を探しに来ているのですから過去の話はやめておきたいと思うんです。

会話をするなら皆が楽しめる会話がいいなと思います。
そして、皆が盛り上がれるのがいいなと思います。
そうやって次につながっていくのが街コンのいいところだと私は思っています。